台風情報はほどほどに聞こう

台風が気になる。
まだ晴れていて、台風の気配もないうちから不安でしょうがない。

これは、テレビで大々的に台風を取り上げるからじゃないかな。
大昔は、天気予報も進路予想もないから備えようがなく、
被害が大きくなってしまうことはあったと思うのですが、
現代ほど不安を長く煽られることはなかったはず。

嵐が突然やってきたら、通り過ぎるのを身をかがめて
ひたすら待つしかないので、短い時間で済みます。

今は遠くにいる台風の恐ろしい状況を見せられ、
出かける予定を変えたり、食糧を買い込んだりして備える。
いつくるか、今どこか、情報を絶えずチェックする。
長い時間台風に縛られ疲れたころに、
あっという間に台風が駆け抜け、
食糧の心配までは必要なかったなあなんて買い過ぎたことを後悔。
時には台風が途中でそれてしまい、拍子抜けなんてことも。

テレビが台風一色になるといつも思います。
自然は人間の考えるようには動かない。
先走って、したり顔で解説している通りにはならない。
今回こそ情報過多にならないようにテレビを消そう。
来たら頭を抱えてやり過ごそう。